豚肉の部位とその用途

豚肉の部位の名称と、その用途をご紹介します

【肩ロース】(焼き豚など)
細かい脂肪が肉の間に広がって、豚らしい旨みとコクがある。

【ロース】(とんかつ、ロースハムなど)

肉のきめが細かく、適度に脂肪があり、柔らかい。ヒレと並ぶ最上の部位。

【ヒレ】(ヒレカツなど)
最もきめが細かく、柔らかく、脂肪も少ない。少量しか取れない貴重部位。

【ウデ】(ソーセージなど)
運動する部分なので、赤身が多く、やや固い。

【バラ】(ベーコン、角煮など)
肉と脂肪が層になってコクがあり、柔らかく、味が良い。

【モモ】(ボンレスハム、ひき肉など)
脂肪が少なくヘルシー。赤身部位の代表で、どんな料理にも使える。

関連製品

燻製ポークジャーキー

 
facebook
twitter
line