咀嚼のハナシ2

咀嚼によってだ液の分泌量もアップします
咀嚼運動にぴったりな食品とは?!

“毎日”しっかり噛むことが大事

噛むことで口の中に出てくる「だ液」。このだ液には口のなかを
健康に保つなど様々な働きがあり、重要性が強く指摘されています。

しかし、最近では分泌されるだ液量が少ないドライマウス症などに
悩む人も多くなってきていることもあり、だ液の分泌を増やすことが
重要な課題であるといえます。

だ液の分泌量の低下は、咀嚼力の低下が原因の一つとなっています。
そこで咀嚼力強化のために、噛み応えのある食品を食べることであごを
動かす筋肉を鍛えることが出来ます。そんな噛み応えのある食品として
咀嚼力強化にはいか製品がピッタリなのです。

右のグラフは、乾燥させたいか製品を2週間食べ続けたときのだ液量を
調査したものです。 2週間食べ続けるとだ液量の増加傾向がみられました。
更に少量でも、するめなど乾燥させたいか製品を長期間食べ、咀嚼運動を
続けることで、だ液分泌の能力アップが期待できます。

jy03_img_01.jpg
jy03_img_02.jpg
 
facebook
twitter
line