知る・楽しむ

いかの部位とその製品

いかの部位 いかは「胴体」「耳」「足」はもちろん、「内臓(ゴロ)」も食べることができ、捨てるところがほとんどありません。
ここでは、いかの部位の説明とその製品をご紹介します。

【胴体】 (製品:さきいか、あたりめ、いかくん など)
いかは、海水を取り込み、噴出して海を泳いでいます。この動きを生み出す胴体の筋肉こそが、いかの独特な食感につながります。
「胴体」は最も色々な形態に加工され、食べられている部分です。

【足(げそ)】 (製品:するめげそ、酢漬けげそ など)
いかの足は10本ありますが、そのうち2本が長くなっているのを、ご存知ですか?これは触腕と呼ばれ、普段は他の足の中にしまわれていますが、えさを見つけると、この2本の足で捕まえて、残りの8本の足でえさを包み込みます。
いかの足には吸盤がついているので、非常に特徴的な食感です。

【耳(ヒレ、エンペラ)】(製品:いかそうめん など)
一般的には「耳」・「ヒレ」、学術的には「エンペラ」と呼ばれる部分です。
いかが泳ぐ時に方向転換したり、かじ取りをする役割をしています。少し固めのコリッとした食感です。

【軟骨】(製品:いかなんこつ など)
いかは無脊椎動物の頭足類で、足の上に目、頭があります。軟骨は、この頭部にあり、脳や目を衝撃から守っています。コリコリした食感で、知る人ぞ知る珍味です。

      【関連商品】
一度は食べていただきたい
おいしいあたりめ
製品画像
技の逸品
焼するめげそ
製品画像
JUSTPACK
いかそうめん
製品画像
おいしいいかなんこつ
製品画像
  • 知る・楽しむ
  • おつまみレシピ
  • なとり食育BOOK
  • もっと教えて!おつまみのこと
  • Since1982 チーズ鱈
  • バーチャル見学なとりへGO!
  • TVCMギャラリー

ページの先頭へ戻る

© NATORI CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.