ナチュラルチーズのタイプ1

日本では一般的にナチュラルチーズを6つのタイプに分類しています。
そのうち、3つをご紹介します。

カマンベール チーズ

【フレッシュ】
ミルクを乳酸菌や酵素で固めたもので、熟成させず、作り立ての新鮮な味を楽しむチーズ。クリームチーズやマスカルポーネなど。
「くちどけチーズたら」は、クリームチーズを使用し、なめらかな食感を出しています。

【白カビ】
表面が白いカビで覆われたチーズ。若いうちは中心に白い芯がありますが、熟成とともに芯が消え、柔らかく、芳香とコクが出てきます。カマンベールが有名。
「JUSTPACKカマンベール チーズ鱈®」は、カマンベールを使用し、マイルドなコクを味わえます。

ブルーチーズ

【青カビ】
ブルーチーズの名で知られ、青カビで熟成させるタイプです。
牛乳や羊乳を原料とし、特有の香りと塩気のあるピリッとした刺激のある風味が特徴です。

関連製品

JUST PACK カマンベール チーズ鱈®

JUST PACK カマンベール チーズ鱈®

 

 

 
 

 

 
facebook
twitter
line