おつまみレシピトップへ戻る

おつまみレシピ

お食事の一品に

「お食事の一品に」レシピ一覧

NO.018
おやつ昆布の冷やし中華
難易度
難易度2
一言メモ
パリパリの「おやつ昆布」と麺にからめた胡麻ダレがよく合います。
  • 約20分
  • 750kcal(1人分)

おやつ昆布の冷やし中華

材料

【分量:4人分】

「おやつ昆布」 12g
生中華麺 4玉
きゅうり 1/3本
カニカマボコ 4本
薄焼き卵 1個分
蒸し鶏(胸肉) 1枚
長ねぎ 5㎝
しょうが 5g
酒(あれば老酒) 適量
【ごまダレ】
  水 140g
  砂糖 70g
  しょうゆ 120㏄
  酢 100㏄
  酒 30㏄
  練りごま 60g
  ごま油 15㏄
  おろししょうが 20㏄

作り方

  1. 鶏胸肉を大きめの皿にのせて酒を上からかけ、長ねぎをのせてラップをし、電子レンジで8分加熱する。冷めたら繊維に沿って手で細長くちぎっておく。

  2. ボウルに【ごまダレ】の調味料を合わせて冷蔵庫で冷やしておく。

  3. 卵をよくときほぐしフライパンで薄焼きにして、細切りにし錦糸卵を作っておく。

  4. カニカマボコは縦に細くさき、きゅうりは千切りにしておく。

  5. 麺を少し柔らかめに茹でて水洗いをし、ぬめりをとり水気をよく切り、お皿に盛り付け“2”【ごまダレ】を適量かける。

  6. 麺の上に、きゅうり・カニカマボコ・錦糸卵・蒸し鶏を盛り付け、「おやつ昆布」を上にのせ、少し【ごまダレ】をかけたら完成!!

作り方のポイント

中華麺は、よくぬめりを取ること。冷やすと硬くなるので柔らかめに茹でると良い。
「おやつ昆布」は食べやすい長さに手で折っておく。鶏肉は少し温かい方がちぎりやすい。

  • 画像その1
    1.鶏胸肉をレンジで加熱する。
  • 画像その2
    2.【ごまダレ】を作る。
  • 画像その2
    4.材料をそろえる。

レシピ提供者

武蔵野調理師専門学校 川畑裕康先生

武蔵野調理師専門学校 川畑先生写真

武蔵野調理専門学校 中国料理
広東料理の中国飯店など各地の有名ホテル・レストランで活躍。
北海道ゴールデンキャッスルで総料理長を務めた。

武蔵野調理師専門学校
http://www.musashino-chouri.ac.jp/

おつまみレシピトップへ戻る

  • 知る・楽しむ
  • おつまみレシピ
  • なとり食育BOOK
  • もっと教えて!おつまみのこと
  • Since1982 チーズ鱈
  • バーチャル見学なとりへGO!
  • TVCMギャラリー

ページの先頭へ戻る

© NATORI CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.